今年中に高田がオススメしたい2つのこと(※長文)

こんにちは。
チーフの高田です。
高田チーフです。
今日は、圧倒的にオススメな事柄を2つ用意しましたのでのでご紹介致します!
ひとつ目は...
「AVEDA ホリデーギフト2017」です!
といっても、いちおクリスマス時期のギフトなのですが、、
でも大丈夫!オールシーズンのギフトに使えます!
毎年、ホリデーギフトって言っても、
「普段から販売してる商品のセット売りやんけ!在庫処理目的の、ちょっと早めの福袋ですかー?」
と思ってしまうものが多々なのですが、今年はそんな感じがあまりないです!
とくに、ホリデー限定の「キャンドリマ」がオススメですね!
「キャンドリマ」はホリデーの時期だけのジンジャーリリーを中心とした特別なアロマブレンドを使ったボディケアセットで今年の目玉商品です!
ジンジャーリリーのまるで月のような花びらをイメージして、サンスクリット語で「月光」の意味をもつ「キャンドリマ」の名前がついてるらしーですね!
まあ、細かいことはいいとして、見た目が今までのAVEDAにない感じでカワイイです!
AVEDA的には「頑張った自分のご褒美に!」を推してますが、個人的いえば、自分で買うにはちょっとオシャレ過ぎの贅沢過ぎですかね。
ただ、
年末年始に会う、ふだんはあまり会わない兄弟夫婦へのお歳暮、御年賀、プチプレゼントに!(両親には少しオシャレ過ぎる。)
結婚したり、出産した友達、もしくは友達の奥様への贈り物なんかに!
ここ数年何もあげてない奥様への「なんでもない日の贈り物」に!
結婚式二次会の景品の、最初のほうにあたるビンゴの景品に!
年末に退社する同僚に、何も誰も用意してなくて、今からAmazon発注はちょっと不安な方に!
これらのシチュエーションには、
高過ぎず、安過ぎず、重過ぎず、軽過ぎずで最適かと!
もう、残りはかなり少ないので、もし欲しい方は、お店に電話して頂いて、取り置きしてもらうことをオススメします!
では2つ目のオススメてす!
それは、「キウイを皮ごと食べること」です。
「え?突然何?」
もしくは
「またか」
と思ったでしょう。
これは、もう何年も前から、お客さまや同僚スタッフに伝えてきたことでもあるのですが、より広く流布していくために、満を持して、文章にてお伝えさせて頂きます!
高田は様々な果物を割と皮ごと食べるで名を馳せています。
なぜわざわざ皮ごと食べなくてはならないのか?
それは、皮をむいている最中に、どんどん食べたい気持ちが減少していくからです。
皮ごと食べれれば、
①「あ、果物食べたい」とおもう
②冷蔵庫から食べたい果物を取り出す
③水で洗って、かぶりつく
このように、包丁を取り出す、皮をむくという手間が省けるため、
食べたいという欲求が最高潮に限りなく近いタイミングで食すことが可能となります。
リンゴやブドウだったらまだ理解できる方もいるかもしれません。
だが、そこはあえて、キウイを皮ごと食べることをお勧めしたい。
キウイを想像して下さい。
表面には無数の繊毛に覆われ、口に入れると、尋常ではないケバケバ感に襲われそうに思えるでしょう。
だがしかし、そこは勇気を持って皮ごとかじってみて欲しい。
さすれば、
見た目で判断することの愚かさを痛感することになるでしょう
ただ、全く繊毛を感じない訳ではありません。
正直、ちょっとケバケバします。
ですが、見た目から想像するケバケバ度をかなり下回るであろうことは間違いありません。
ここからは各々の価値観によって賛否が分かれるであろう。
実際のところ僕自身、皮をむいて食べる方が美味いしい。
しかしながら、皮をむくという手間などを含め、包括的に考えると、圧倒的に「皮ごと派」なのです。
「キウイは皮をむかないよ?包丁で半分に切って、スプーンで食べるのさ」
という方も多いだろう。
あえて、このスプーンで食べる方法のデメリットを紹介したい。
●包丁と、スプーンの用意、片付けという手間の発生
●スプーンで、食べるのは意外と技術を要する。まだ熟れていないキウイの場合の難易度は想像以上に高い
●皮に接する果肉部分を大部分食べ残す
以上が考えられる。
それに対して、「皮ごと」のメリットを挙げよう。
●あらゆる手間が省ける
●食べたい欲求MAX時に食せる
●生ゴミの減少
●満点フルーツと呼ばれるキウイの栄養分を余すことなく食すことが可能(皮は果肉の2倍の食物繊維)
以上の考察から、キウイは「皮ごと食べる」を圧倒的にオススメ致します。
年末っぽく、バタバタしてきましたね!
masagoは今年は12/30までの営業となっております!新年は1/5からです!
もうかなり予約は埋まってまいりましたので、お電話お早めにお待ちしております♪

【悲報】奥山康徳、masago卒業

こんにちは。
チーフの高田です。
残念なお知らせです。
「おっくん」の愛称で慕われていた奥山康徳が、今月をもってmasagoを退社致します。
奥山さんは、僕の一個上の先輩であり、直上として、masagoのこと、美容師のこと、色々なことをイチから手取り足取り教えてくれた先輩です。
高田の人生において、両親の次にお世話になった方なんじゃないか、といっても過言ではありません。
いつも当たり前のように、近くにいた奥山サンではありますが、いざ辞めるとなって改めて奥山サンに思いを馳せてみれば、本当に愉快な人でした。
出身は山形の丘の上。
東京に出てきて、もう15年近いのになかなか抜けない訛り。
好きなアーティストはAKB(柏木一本推し)
masagoに入社して、13年間同じ賃貸アパート。払った家賃を思えば、もはや買っとくべきでしたね。
上の階に部屋の水漏れの修繕のためか、帰宅すると、部屋の壁に大きな穴を許可なく開けられていたこともありましたね。
奥山サンとモデルハントをしてると、"芸能人に会える"というジンクスがありました。
"綾瀬はるか"をモデハンした逸話は今でも伝説です。
ちょっとプラスなエピソード挟みますね。
奥山サンは優しさの塊でした。
何年目になろうと、仕事を選ぶことはせず、1年目がやるような仕事から幹部がやるような仕事まで毎日淡々とこなしていました。
常に一定のモチベーションを保ち、日々の機嫌によって態度が変わることが全くない人でした。
共に働く後輩達にとっては、全盛期の井川遥よりも癒し系であったことは間違いないでしょう。
美容に対しても、研究熱心で、業界誌やネットから得た最新の美容技術を、営業後も残って練習している姿はとても刺激になりました。
まだまだ様々なことが思い出されます。
後輩に無理やり呑まされて、笑いながら吐いてる奥山サン。
後輩に無理やり呑まされて、縁石に口を強打して、笑いながら血を流してる奥山サン。
他にもエピソードはたくさんあるのですが、
奥山サンの不利益になりそうなものが多いので、ぜひお店で直接聞いてください。
地元山形に来た"みちのくプロレス"で観覧に行った奥山サンの靴が、場外乱闘時の武器として使用された話
は、個人的に一度は聞いてほしい秀逸エピソードです。...まあ今ほぼ話してしまいましたけども。
先輩のエピソードを許可なく赤裸々に話し過ぎましたので、そろそろお暇させて頂こうと思います。
奥山サンのお客様も、そうでないお客様も、ぜひ今月、ラスト奥山に会いに来てください!
(※土日は混み合うことが予想されますので、ぜひ事前にご予約下さい!)
奥山さん。
職場が別になろうが、なんだかんだで今までと変わらず緩い関係は続いていくと思いますが、
今までありがとうございました。
今度の送別会は、笑いながら吐いてくれるまで帰しませんよ。
とりあえず
お疲れ様っした♪♪

[高田企画②]今年の新人をイメチェンしてみよう

こんにちは。チーフの高田です。

高田チーフです。

今日は、今美容業界で最もジュラってる男、「増田樹羅輝」をお客様に迎え、カラーリングを施したので、その模様をお伝えします!


Beforeジュラ

(正直これはこれでいい感じ。)


お客様のご要望は特にないとのことだったので、高田の好き勝手にやらせてもらうことしました。
さすがビューティモルモットです。



今回のテーマは、


「こんなヤツがクラスにいたら友達にはなりたくないな」


です。



まずは、根元につかないようにブリーチを施します。毛先も日々のアイロンによるダメージが半端ないので外します。


一度軽くシャンプーをして、最後にのっけるカラーをキレイに発色させるために、まず毛先の黄色味を抜きました。

目が怖い。



そして、最後の色をのせます!


根元はblue-blackを!
毛先にはHC染料のafter midnight blueをON!




仕上がりは↓↓↓






思ったより、「友達になりたくない感」は出せませんでしたが、深みあるキレイなmidnight blueに染まりました。



皆さまもいかがでしょうか?


この夏、絶対流行らないhair color!



〈midnight-blue〉



ぜひお試し下さい♪








あれ?似たやつ前にいなかったっけか?

ゆきにゃーにゃ♪

[高田企画①] 今年の新人を皆に知ってもらおう

こんにちは。チーフの高田です。


高田チーフです。



わりと遅くなりましたが、今年度もmasagoには新人の男の子が入社しました。

なかなか興味深いヤツなので、皆さんに対談形式でご紹介します。





[インタビューアー高田](以後T田)
—名前をお願い致します。


[新人] 増田樹羅輝です。


[T田] -ん?じゅらき?ご両親は恐竜好きで.......


[増田] (食い気味に)違います。ジュラ紀関係ないです。


[T田] —では由来は?


[増田] 父が「羅」を。母が「輝」という漢字をどうしても使いたかったみたいです。


[T田] —若干キラってる感は否めませんが、素敵な名前です。
画数多くて名前書くの大変そうですね。


[増田] はい。テストの時は最悪でした。習字の時はもはや不可能でした。


[T田] ―たしかに墨で書いたら、ただの四角いシミが三つとかになりそうですね。

―出身はどちらですか?


[増田] 三重県です。


[T田] ―出雲大社が有名な?


[増田] (食い気味に)伊勢神宮です。


[T田] ―噂によると、最近初めて渋谷に行ったらしいですね。いかがでしたが?


[増田] 人が多過ぎます。今から祭りが始まるかと思いました。


[T田] ―くすくす。初めての渋谷では何をしたんですか?


[増田] バーガーキングにずっといました。


[T田] ―それはとても有意義でしたね。

―兄弟はいらっしゃるんですか?


[増田] 四人います。一番下の弟はまだ5ヶ月くらいです。


[T田] ―およそ18歳差!? 母すごいですね。

―兄弟の名前も個性あふれる感じなのですか?


[増田] 個性的かはわかりかねますが、次男が「○○」 長女が「○○○」 一番下の弟が「○○」です。


[T田] (((((;゚Д゚))))))) (※↑興味ある方はお店で直接増田にお問合せ下さい)

―す、好きな食べ物は何ですか?


[増田] カルボナーラです。


[T田] ―私も昔、よく「カルボナーラうどん」を食しました(in土間土間)。懐かしいです。


[増田] パスタのカルボナーラが好きです。


[T田] ―増田氏は、よく「午後のミルクティー」1.5リットルをラッパ飲みし
てますが、ミルクティーがお好きなんですか?


[増田] カルピスが好きです。


[T田] ―最後に一言、お客様にむかって意気込みをお願い致します。


[増田] 亀有のビューティーを担うのは、この俺だ!


[T田] ―ありがとうございました。いつまでも謙虚さは忘れないでくださいね。


【次回に続く......】





対談中のジュラ①
3_20170726212403ea9.jpg


対談中のジュラ②
2_20170726212408d07.jpg


対談中のジュラ③
1_201707262124062d0.jpg


対談中のジュラ④
4_20170726212404fe4.jpg






いつものジュラ①
5_20170726212405b4a.jpg



(※注) このブログで表現されている増田樹羅輝はだいぶ脚色されてます。
ほんとのジュラは、真面目で謙虚で頑張り屋な、初々しさ満点の毛穴すらないぴっちぴちです♪♪皆様、期待の新人ジュラをどうぞよろしくお願い致します!!

「絵美里サン」御来店!!

こんにちは。
花粉シーズンに怯え暮らす毎日を送っております高田です。
先日、masago AVEDA店にモデルの絵美里サンが御来店してくれました!

↑この方です。他にも『BAILA』『CLASSY.』『GINGER』『Domani』『and GIRL』『CLASSY.Wedding』など大抵の雑誌には登場する日本を代表するモデルさんです。
普段はmasagoのもう1つの店舗であるmontblan criket(モンブランクリケット)に御来店頂いているBOSSの10年来のお客様です!
今回は、BOSSの出勤がmasago AVEDAだったこともあり、わざわざ亀有まで来てくれました。
職業柄、今までたくさんのプロモデルさんとお仕事させて頂きましたが、やはり第一線で活躍するモデルさんは次元が違います。
同じ地球人なのか不安になります。
ミスユニバース日本代表ってすごいね、、、
そんな人にも、安定の「オラオラ接客」なうちのBOSSも大物ですw

雑誌のイメージだと「THE 美人」って感じでしたが、直接会って、とても気さくで可愛らしい人だと感じました。
いちファンとして、今後のご活躍、楽しみにしております!!

また機会がありましたらぜひ亀ってくれたら嬉しいです♪

御来店ありがとうございましたッ‼︎‼︎

THE 成人式っ!!!

こんにちは。
チーフの高田です。
もう過ぎた話題ではありますが、
1/9は成人式でしたね!
改めまして、新成人の皆様、この度はおめでとうございます!
masagoでも毎年、新成人の着付、ヘアメイクをやらせて頂いております。
今日は、その模様を淡々とご報告させて頂きます。
今年masagoがお店を開けた時間は朝の5時です。早いねーって思うかもしれませんが、今年は遅い方です。以前3時過ぎにはお店を開けたこともあります。
僕ら美容師にとっても成人式は、年に一度のイベントみたいなものです。営業時間もおかしいこともあって、スタッフは皆こころなしかテンションが少しおかしいです。
下の写真をみてください。右が僕の同期の成川チーフです。彼もまた例外なく少しテンションがおかしくなっているのは表情をみれば明白ですね。14.jpg
レンズを向けられたくらいで、こんな早朝からこの表情はなかなか出来ません。(まあ彼はもとより情緒が不安定な節がありますが...)
ここ最近の成人式ヘアの流行は、
「やりたいスタイルは特にないがNGはある。トップを盛りたくはない。でも飾りはでかい。編みこみが好き。ラフなスタイルを好む。奇抜なのは嫌。生のお花を飾りに使いたい。」
という感じです。
4_20170113134008228.jpg↑こちらのスタイルに使用してるお花は全て、生花ですね!沢尻エリカが、自身の結婚式でユリをしようしてから爆発的に広まったように思います。
素敵ですね!ただ、美容師的には色々な面で難易度はあがります笑
10_20170113145631565.jpg着付中の中里。略して「着付中」
鬼の着付け師「加藤亜季」直伝の着付力を発揮してます。
1_20170113145623d3d.jpg今年、メイクを担当した西村。ずいぶんと様になってみえます(高田の卓越したカメラワークによって)。
11_20170113145632727.jpg
同じくメイク担当の小林美香サン。美香サンは、ヘアショー、撮影と百戦錬磨のメイク師です!
2_201701131456241a1.jpgヘア担当の奥山さん。アップをするために、ホットカーラで全体にカールをつけています。
緩み切った笑顔がチャームポイントの奥山さんですが、この時ばかりはさすがに真剣そのもの。
3_20170113145625b54.jpg
ただの成川です。
良い感じの哀愁と色気漂っているので、勝手に載せます。6_20170113145628740.jpg
7_201701131456282c0.jpg
↓可愛いので勝手に載せます。5_201701131456273ad.jpg
9_201701131456309da.jpg
↑この子は高田がヘアを担当させていただきました。写真だと分かりにくいですが、生花とそうでない飾りとのコラボですね!襟足ギリギリのレイヤーボブでも、アップ風にセットできちゃいます!
12_20170113145633984.jpg
足立マネージャーもヘア担当でした!
鏡にうつる姿にピントを合わせ、写真をとることにはまってます。それっぽくなります。
13_20170113145634c28.jpgそれっぽい写真もいいですが、こういう写真がやっぱり一番ですね♪
以上で、今年の成人式レポートを終わりにします!
一生に一度しかないお客様の節目に毎年携われること。
まさに美容師冥利に尽きます。
masagoスタッフ一同、新成人の皆様の今後の益々のご活躍心よりお祈り申し上げます♪
この日は、夕方までの特別営業ということもあって一般のお客様にはご迷惑をおかけしましたこと、この場をお借りしてお詫びいたします。
【今週の奥山】
成人式の打ち上げでいった2軒目のメキシカンな店ではしゃぐ奥山。

ハロウィーンからクリスマスへ...【X'masago 】

こんにちは。

高田です。

ハロウィーンシーズンも終わりをつげ、世の中は早くもクリスマスへとシフトチェンジをし始めましたね。

それにしても、もはやハロウィーンは国民的行事になりつつあります。
個人的にはほぼ興味はありませんが、10月に入るとなんだかお店をハロウィーンっぽくしなきゃなーみたいな強迫観念にかられますしね。

でも一体「ハロウィーン」ってなんなの?と思ったので少しウィキってみました。

●古代ケルト人が起源とされている、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭り
●古代ケルトでは、10/31が1年の終わりの日
●キリスト教由来ではない
●日本でのハロウィーンの先駆けはキディランド原宿店。
●1970年代に、キディランド原宿店が初めてハロウィン関連商品を販売し、1983年に日本で初めてキディランドがハロウィン・パレードを催した



へー。



すでに終わってしまったイベントはさておき、

亀有南口は昨日より、イルミネーションの設置作業を今年も開始した模様です。

まだ途中ですが、昨年と全く同じ感じに仕上がりそうです。

赤とピンクの斬新なコントラスト。(ARIOカラー)

このセンスに対し、街の声は賛否両論ですが、

個人的には、ないよりはあったほうがいい派です。



そんな中、masagoも今年はBOSSの掛け声のもと、

どこよりも早くイルミネーションを設置いたしました!

昨年とほぼ同様の仕上がりですが、地味にレベルアップ、センスアップしてます。

どこがどう変わったかは、設置作業に尽力してくれたスタッフ中里&西村までお尋ね下さい。

お客様は気づかないレベルなので...



奮闘してくれたミニマムな女性陣!!↓↓
999.jpg

皆の知恵と、脚立やら棒やらのツールを駆使しての作業。こんな小規模なイルミネーションでも結構大変なのです。

そして完成したのが、こちら↓↓

111_201611042044579ad.jpg

666.jpg
555.jpg
888.jpg
222.jpg

雰囲気をだすために、AVEDAシャンピュアのキャンドルとコラボ
444.jpg
333.jpg


あ、しつこかったですか?




皆さま、イルミネーションが灯る年内中に、

ぜひmasago Xmas店へ、ぜひお越しくださいませ♪
  (Xmas ago店)

看板リニューアルしたんで次回見て下さい!

うだるような暑さもなくなり、肌寒く感じる瞬間が日増しにふえて参りました。

皆様。

俄然、秋です。


もう当然食しましたよね?

ええそうです。

「月見バーガー」です。

もはや単なる、いちファストフードのいちメニューにはとどまりません。もはや秋の季語になりつつあり、立派な日本の文化ではなかろうか。

わたくし、早くも今季3個は頂いております。誰よりも早く秋を満喫している自信があります。


そんな、一年のうち最も風情を感じる季節の到来を心から嬉しく思います。
皆様にも、このもっとも快適で、ただしかし短すぎるこの秋をぜひとも大事にして頂きたく思います。

周りを見渡せば、様々なところにたくさんの「いとをかし」が転がっているはずです。

そんな素敵な秋に、うちのスタッフの松井さんは「くしゅんくしゅん」とクシャミを連発しております。

可哀想でなりません。

きっと松井さんはブタ草アレルギーなのでしょう。
(きっと松井はブタなのでしょう。)




では、時候の挨拶もこのくらいにして、本編に入りますね!


お気づきの方もすでにいるかと思いますが、先日、masagoの看板がリニューアルしました!

看板と言いましても入口の階段がある壁にあった看板ですね!

この看板制作に自分も若干関わりましたのでこの場を借りてご紹介させて頂きます。


ではまず、以前の看板はこちら↓↓↓
S__11231252.jpg



そして、リニューアル後の看板がこちらです↓
2_20161003145315da4.jpg
1_2016100314531407d.jpg


この左側の看板がリニューアルしました。右側の小さい看板は前からありましたね。

ちなみに、

「素晴らしい。シンプルなデザインにも関わらず伝えたいことが瞬時に伝わってくる。」と誰しもが思ったであろう、この右側の小さな看板をデザインしたのはわたくし高田だということもさりげなくも強烈に補足しておきますね。


いやーニュー看板素敵ですね!無骨すぎる自販機達に囲まれながらもキラキラと輝いてみえます。

おすすめのアングルは「左下斜めから」ですかね↓↓↓
8_2016100314540591a.jpg

「右上斜めから」も捨てがたいなー↓↓↓
7_20161003145403c41.jpg


今までの看板と比べ、大幅にアップデートしたところは、なんといってもLEDを搭載したところです

そうなので、真のオススメは夜なのです。

↓↓↓
5_20161003145319de5.jpg
4_201610031453174a3.jpg

3_20161003145316d4d.jpg


どうでしょう、この煌々ときらめく圧倒的存在感!自販も眠る夜はまさに独壇場ですね。


皆様、次回ご来店時、階段を上がる際には、ぜひ一瞥を頂けると嬉しいです!



ただひとつ、想定外のことも起きました。

最近、圧倒的大企業がこの鞠子ビルに参入してきたのです。

この寄りの写真では分からないのですが、引きでみてみると・・・

9_20161003145406c36.jpg


手強いぜ!セブン&アイッ!!!





以上、チーフ高田が少しうざめにお送りいたしました!





日々研鑽~バックシャンプー講習~

こんにちは。
猛暑と強風に見舞われる毎日いかがお過ごしでしょうか?





出来たてホヤホヤのコレを見るたびに、なんだか悲しい気持ちになります、
高田です。


今masagoは火曜日を定休日とさせて頂いております。

ですが我々、毎週遊び呆けてる訳ではございません。
個々で、またはスタッフみんなで、自己練習、内部講習、外部講習と日々研鑽を積むことに費やしております!

先日の火曜、我々はシャンプー講習を行ってまいりました。

え?シャンプーって新人が練習するものじゃないの?とお思いの方も多いかと思います。

否!

もちろんシャンプー技術に関しては、亀有で1番、日本でも既にトップレベルであると自負しております。

ですが、
これはどの技術にも言えることではありますが、シャンプー、カット、カラー、パーマなどどの技術習得にも終わりはないのです。
世の中の技術は常に進化してきます。それは美容の世界ももちろん例外ではありません。ある程度習得した技術でさえ、常に更新していかなければすぐ他店に遅れをとってしまいます。

現状維持は即ち退化に他なりません!


とまあ、高弁たれてみましたが、これが先日の講習の様子です↓
この度の講習で講師をして頂いたのはmontblan cricketの濱野店長(↑シャンプーしてる方)です。


濱野店長はカラーリストとして、外部講習を行う程のカラーリングエキスパートではありますが、同時に社長認めるバックシャンプーのエキスパートでもあります!

「バックシャンプー」という言葉はなかなか馴染みない方が多いかと思います。

↓こんな感じです。分かりにくいと思いますが、技術を施す美容師がお客様の後ろに立ちシャンプーするので「バックシャンプー」と言います。



masagoのお客様が馴染み深いのは、もう少し横に倒れるイメージで、かつ、美容師がお客様の横に立ってシャンプーするものかと思います。ちなみにそれは「サイドシャンプー」と呼ばれます。

バックシャンプーはサイドシャンプーに比べ、腰や頚椎への負担が少ないと言われています。妊婦さんなんかにとってはバックシャンプーの方が比較的楽と答える方が多いようです。
とはいえ、バックシャンにはバックシャンの、サイドシャンにはサイドシャンの良さがありますので、どちらが良いかは、人それぞれ好みかと思います!

でもまだ、バックシャンプーを体験したことのない方は、次回来店された際には、ぜひご体験頂ければと思います。近年夏の定番にはなりつつありますが、「冷シャンプー」もありますゆえ♪

また、以前でもご紹介しましたが、masagoにはもう一台「YUMEシャンプー」というシャンプー台も存在します。こちらはフルフラットに横になれるもので、リラックス度が段違いです!こちらとまたぜひ一度ご体験下さい!


なんだか、シャンプーの紹介で終わってしまいましたが、日々進化するmasagoに今後とも、ぜひご期待下さい!


以上!チーフ高田がお伝えしました!


皆様にとって今日がステキなものとなりますように...♪

「TAMURA WEDDING PARTY」※画像多数あり

ご無沙汰しております。
花粉襲来の季節にも関わらず、
シーズン前からのタリオン(錠剤)、フルオロメトロン(点眼)、ナゾネックス(点鼻)により、快適に初春を乗り切る高田です。


2月に、うちのトップスタイリスト、タムちゃんが結婚しました。


BOSSが言いました。
「じゃあパーティしよう!」

と。


そんなこんなで、高田&中里が幹事に任命され、準備をすすめ、
3/1に
「TAMURA WEDDING PARTY produced by masago」
を行いました!


その模様をご報告いたします。


この先、画像が40枚近く出てまいりますので、スマホ重くしちゃいます。ご容赦ください♪



111.jpg
まずは、サプライズのドレスアップ。広瀬店長がヘアメイク、大先生と加藤ディレクターがガチな花嫁衣裳「色打掛」を着付けました。この分野に関して二人はプロですので、お手の物です。この時点で田村が感涙するというハプニング。




122.jpg
そして完成した田村の入場です!介添人加藤ディレクター.




123.jpg
左は田村の旦那です!masagoだらけのアウェイなパーティなのに、快く参加してくれたナイスガイ♪
高砂の花、ブーケ、ブートニアは駅前の花屋で発注しました。




156.jpg
司会は高田が担わせて頂きました!




125.jpg
この度のパーティの主催者大川勇治氏(BOSS)の祝辞です。定期的なイベントによって仕事へのモチベーションを保つmasago creative artの代表です。




126.jpg
乾杯の音頭は足立マネージャー!




136.jpg
「はい、乾杯!」




130.jpg
歓談中。。。
産休中の美香さんも駆けつけてくれました。




134.jpg
会場は、亀有にある「Yee Dining」サンです!白いテーブルクロスは中里が日暮里にて調達してくれました。


131.jpg
132.jpg
129.jpg
モンクリのスタッフも、皆参加してくれました!右奥は最近入社の小牧さん、手前が中村さんです!





141.jpg
お決まりの、ケーキカットもやりました。






着物の乱れを逐一修正する大川百々代名誉会長。職業柄、生理的に我慢できないのでしょう。





143.jpg
一口では確実に食べきれない量のケーキを新婦が新郎に与えるこのお約束。個人的にいつも「謎だな」と感じています。





128.jpg
こちらが、用意したウエディングケーキです。なんと「食べれる写真」入りなのです。





お次は、スタイリスト松井による真砂余興第1弾「アナと雪の女王と中島みゆき」です。



まずは渾身の「踊る大捜査線風余興前フリ動画」を流し、


(暇な方はぜひ↓)
踊る大捜査線風余興前ふり動画

※声出演(成川、高田、中里、平塚)
※編集(高田)




その後登場したのがこちら↓

松井氏が前日の夜、事前に発注した金髪ウイッグを2つを編み込みなどを駆使して組み合わせ、エルザの髪型を見事に再現致しました。これには幹事高田も感服。







バックに流れる「let it go」のプロモーションビデオに動きを合わせながら、「地上の星」を熱唱しました。
ちなみに、ちょいちょい己の功績をアピールしますが、背景の動画も高田が作成しました。









途中お着替えも入り、覚醒後エルサへ↑
あ、左にいるのはオラフ山です。





そしてお次は真砂余興第2弾
これまでの社員芸の経験をフルに生かした集大成動画を流しました。
題して『何を贈ろう?』です。
(25分にわたる長編動画ですので暇な時ぜひ。※内輪ネタ多数)
【出演 チエリ】中里  【監督、編集 】高田

真砂余興第二弾『何を贈ろう?』





この後は田村への様々な方からのビデオレターを流し、
ばら撒きすぎた紙吹雪をかたし、
パーティを締めくくりました。




[Special thanks]
(ビデオ出演してくれた)
田村のご両親様
田村の高校のお友達
masago OBの諸先輩方、後輩


色々融通をきかせてくれた「Yee Dining」のスタッフの方々
http://www.hotpepper.jp/strJ001110550/


指輪作りでお世話になった沢田先生


踊る第捜査線のパロディロゴをつくってくれたお客様の北村君


ブーケなどを安くつくってくれた駅前のお花屋さん




皆さん本当にありがとうございました!




[楽しげな写真達↓]


Happy Wedding!!
二人のこの先の未来が明るくステキなものとなりますよーに♪







「お遊び」にだって全力集団なmasago creative artに今後ともご期待くださいませ!!




じゃーみんな!次はお花見パーリィだ!

※「仕事」は当たり前のごとく全力
FC2カウンター
プロフィール

masago AVEDA

Author:masago AVEDA
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード